HomBlog 論文

~ 論文 ~



本部琢己の使用する放送用語  2018/08/16(木)
本部の使用する経済用語  2018/08/15(水)
本部の使用する相場取引用語  2018/08/12(日)
T.Hombuの使用するデザイン用語  2018/08/11(土)
本部琢己の使用するIT用語  2018/08/10(金)
オルガン  2018/08/06(月)
ファットモデルとスレンダーモデル  2018/07/27(金)
Sounds 🄫.  2018/07/24(火)
資産運用と経営  2018/07/24(火)
BGM.  2018/07/19(木)


本部琢己の使用する放送用語
ストリーミングライブ=音声及び映像形式による発信元と同時形式の端末表示方法。

同時ボイス・ストリーミングボイス=音声形式のみ、その声優の発声を配信する仕組み。電波即時方式。

ハイブリッドサイバーロボット=録画した俳優・女優の姿にCG調整を加えることにより、衣装・仕草を付加した形で行う、人体仮想モデリングテクノロジー。

CG調整=モチーフ・空間内の設備。そしてモデルの衣装に関する付加価値としてのカバーアップテクノロジー。

スペースデザイン=CG空間の室内インテリアを配信する番組の主題に併せて、オールCGでやるやり方と、CG調整で付加価値を行う技術。空間内許容面積も可変となる。


同時配信音響=MC経由によるストリーミング即時発生ミュージック。プログラミングによりDJ機能をライブで備える。

MCAC・モノリスコンピューティング オートカルキュレート=事前に組んでおいたベーシックプログラミングに自動調節機能のプログラミングを併せた、ライブストリーミングに最適となる、プログラミングファジーベーシックを、ナチュラルにするための即時リアリスティック状態を指す。即時においてライブでは可変可能。可変の理由はDJ仕様による、顧客層・市場状態の反応を観察して、即時にシーン・アクティベイトを行う手法。同時確定事項プログラミングが無いと作動しない。コンプリートバージョンは、即時プログラミングにより固定する。

Date: 2018/08/16(木)


本部の使用する経済用語
マークカランシー=国内に流通する自国通貨の総量。金融を含む。

トータルカランシー=全世界に流通する通貨の総量。金融を含む。

電子マネー=端末・カードに表示される数字データとしてのお金。リアルマネーの非物質タイプと言われる。

ディストリクトマネー=国家管轄の外部にあるリアルマネーではない取引単位。

Date: 2018/08/15(水)


本部の使用する相場取引用語
イナシ=トレードの逆向きの力をいなし、パワーバランスを引き付けるためにする手法。敵方の力を分散する手法。

神経切り=二国間通過の相場感覚が一度に同じ方向に向くために、一気に上下幅が移動する事。無理な力が働いた後で起こる。また一斉損切りや、他の通貨間取引が作用する事がある。

日和り=イナゴともいわれるが、相場取引におけるインテリジェンスな人々とは違うアブラムシのような人たち。

神経切り=プッツン。

無理強い=無理な相場力学をもって、市場の上下を無駄に鈍化している状態。

上げどまり/下げどまり=テクニカル分析・数値軽量でこれ以上は上下の一方向に進化していかないとみる、上限/下限の言い方。


商取引カランシー=相場のFX操作による基準値よりも、国家間貿易取引に重きをおいた、より具体的な通貨貿易システム。

逆ザヤ=一方向に相場が動いた際、その反発系による逆利益を好もうとする事。
Date: 2018/08/12(日)


T.Hombuの使用するデザイン用語
モーフィング=ぼかす。レイヤフィール。

ブルー=焦点ずらし。

色調合成=RGB、CKMY。三色、四色合成。

ブラック=ランプブラック・アイボリーブラック等。油絵具技術。

数値設定=色彩コード。

エッジ=極処理。はめ込み合成CGの輪郭線。

ライティング=CG内の光線効果。

リフレクト/リフレクション=光線の反射光。

テクスチュア=モチーフ・ファブリックの表面加工。

パウダー=CGモデリングのパウダーファンデーション。

ヘアスタイル=CG合成による線描。3D空間内演出。

カメラ位置設定数値=仮想カメラレンズによる集光高度深度。
Date: 2018/08/11(土)


本部琢己の使用するIT用語
MC=モノリスコンピュータ 最新鋭の超スーパコンピューティングシステム。駆動領域・電力計算処理スピードは未公開。

MCAI=MCに本部琢己がプログラミングした音声秘書。プログラミング言語は日本語及び、英語・数字・記号・漢字。または各国言語。パーフェクトグラマーを兼ね備える。

サイバーロボット=実体のないディスプレイに表示される人型ロボット。表示形式はJPEGの連鎖動画。静止画連鎖により動画CGとする。

ロボットディスプレイ=実体ロボットの表情が、操縦者の意向を汲む立体模擬システム。

ディスプレイ内ロボット=液晶モニターに依存する、二次元表示タイプ人型モデル。

HSC=ハードタイプスーパーコンピュータ。シナプス有機体コンピュータに台頭する形で仕上げたブロック部門別の自動演算処理システム。

シナプスコンピュータ=人間の脳細胞から作ったコンピューティングシステム。廃棄済。

衛星回線=端末と衛星を直接続した電波送受信方式。

レコーデッドライブ=録音した動画を管轄者が確認しながら配信する動画システム。

空間演出=CGで再現されたモデル・モチーフを内包するパース形式を利用したサイバー内空間。模擬システム。

カメラワーク=CGで合成された空間内モデルを映し出す際に、単一視点による視覚者が見ているかのような映像を映し出す技術。そのカメラは存在していない。CGバーチャルカメラ。

CGタレント=CGで合成された映像中の人格的モデル。人間の素材から言語習得させるAIテクノロジーのケースと、完璧AIプログラミングから造成する実態人間の存在していないケースがある。

テックハウス=AIテクノロジーで分析、数学的見地に依る自動音楽生成システム。及び、ストリーミングライブプログラミングにより、脳内電磁波よりの集合電波組成をそのまま合成音に変換した、本部琢己の音楽合成システム。

CGタレント・CGモデル=サイバータレント。実体の存在しないコンピューティングサイバー記号による仮想モデル。ディスプレイには存在するが、人間本人はいない。ただし、そのプログラミングに依るアーティスト性能により仮想人格とヴァーチャル・パーソナリティを有する。



Date: 2018/08/10(金)


オルガン
http://hombu.com/M/orgunbase.MP3

http://hombu.com/M/Basicbasis.MP3


Takumi HOMBU 🄫 copyright.
Date: 2018/08/06(月)


ファットモデルとスレンダーモデル
ファットモデルの起用に関しては、現代文明の過食の性質は否めない。国民全体が標準体重のスレンダータイプに近いときは、ファットモデルは忌み嫌われる。

これは、時代背景としての飼いならされた、被過食主義者たちの言い分であり、それは、古今東西として旧来よりあった形式ではない。

ファット様式による拡販は、結果的に短命をもたらし、そのGDP供給量と、後年に至るまでの労働者としての消費者層から漏れる恐れがある。

それに反し、スレンダーモデルは長寿命を約束されている。

過食文化に対し、ある特定層からのマッスルモデルの評価は、マニア・非マニアからの好評はいつの時代の事でもある。


スレンダーモデルがある特定のリージョンで確定された結果として、そのリージョンでの労働者の腐敗と要医療が生成された結果として、国家のもたげるスレンダー啓蒙が意味をなさなくなる理由は、情報規制を働かすことの出来ない、自由表現法と企業営業の事由さにあるだろう。

人はヴィジュアルで慣れるという点があるが、それは、怠惰を増長するモードであってはならない。

人は、自分に易しいことを言う人をすき好むものだ。

Date: 2018/07/27(金)


Sounds 🄫.
🄫Takumi Hombu Sounds by Digital Drum.

http://hombu.com/M/pecu001.MP3


http://hombu.com/M/tebeats.MP3


http://hombu.com/M/tebeatwbass.MP3


http://hombu.com/M/Redturn.MP3


http://hombu.com/M/DrumToo.MP3
Date: 2018/07/24(火)


資産運用と経営
かつての宗教法人が陥っていた問題、それは経理における収入への対策である。それは、学校法人にも及んでいたと言える。

つまり、営業益を企業利益の獲得と銘打っていない、公的な社会事業に関しては、その経理周りの不徳により、その本来の事業がなされていなかった。

これに対し、非営利という団体も生成されたが、実際その営業資質に関しては、プロブレムは大いに産出された。

公的な職業においても同じことが言える。それは、私企業では常識である労働しなくては収益は獲得出来ないという仕組みのことだ。

要するに、労働の充満がなくては、社会は営利・非営利共に、堕落に陥り、その穴埋めを負債と、GDPの劣化と共に堕ちていっていた。

労働による実質の報酬・リターンに関しては、企業の中では常識の問題であるが、もし非営利、学校法人、企業、公務業に関しても、労働の対価として実生活を行う規範と、その事業の運営という観念が働かなくてはならない。

その、デフレ期に蔓延した、不当な負債と賄賂づくめの社会体制の結果として、国家資本は亡衰しようとしていたのだ。

労働の対価としての、事業獲得と個人それぞれの生計費の維持という、社会の基本的な観念は、メディアや国家啓蒙としての、発信がされなくてはならない。

そして、その成人社会の原則として、児童・学生への教育を忘れてはならない。

Date: 2018/07/24(火)


BGM.
Play the Music. 🄫

http://hombu.com/M/OrganC.MP3
Date: 2018/07/19(木)


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND

www.hombu.com
003352
[TOP] [LIST]
shiromuku(pl)DIARY version 2.70