HomBlog 論文

〜 論文 〜



工具の使用法.01  2019/02/15(金)
形成手術  2019/01/19(土)
ミュージック  2019/01/13(日)
アップデートインシュアランス  2019/01/12(土)
サイバーセキュリティ性能  2019/01/08(火)
精神世界に異常を来す物  2019/01/02(水)
ダイエット思想学  2018/12/16(日)
MUSIC.  2018/12/15(土)
貿易取引における基準値  2018/11/07(水)
AIのこれから  2018/11/07(水)


工具の使用法.01
ボンド打ち、補強工程。

http://hombu.com/movie/impact01.MOV

↑Click here!

★ボンド打ち、抜き工程。

http://hombu.com/movie/impact02.MOV

↑Take care!
Date: 2019/02/15(金)


形成手術
形成手術は医療の現場において社会復帰を願う患者のために成立する業態である。そして、その形成の現場には、形成学というものがあり、個人のパーソナリティを損なうことのない施術がマニュアルとして存在する。

つまり、個人を損ねてしまうような形成に依るチェンジは控えられるようにプログラムされている。

これは、個人を特定する親類や会社組織同僚が以前の人であることを認識するという大きな意味があり、あえて形成の過度に依るものは、本人の特定とされる、顔面の人相学を損ねてしまうので、個人の性格を特定でなくなるまでの、マネキン室の顔面構成はあえて控えられる。

形成手術を過度に施した場合、劣化する皮膚上部組織が、経年変化で以前の顔より醜悪な人相を演じてしまうことは、その形成の過度の手術を控え無くてはならない、人類への戒めであろう。


そして、顔面形成という概念は、女性がコスメティックにより顔を模造するという立脚性に依存するケースが有り、その点ではコスメティックサージェリーという概念は浸透出来うる時代は到来した。


そして、女性の社会進出と共に、ウーマンリヴとの協調するソーシャルイメージは、あえて女性が女性にならなくてはならなかった先史とは違い、女性がコスメティックを選べるフリーコンシャスが到来している。

女性はそのコスメティックの要因を、社会的なライフスタイルの一環とする悠久の古来からの歴史がある。それは、生きる方式が女性特有であるという性差から発生するものだ。

古来より男性はその仕事の出来により、社会で判断される。
男女共にその人格・性格が社会で評価される仕組みは変わらないが、コスメティックという観念からは、やはりソーシャルフォーマルである理由は、医学的にも成立するのが女性のサージェリーであろう。

その精神医学の観点から、また社会男女学の要点から突き詰めると、女性はその観られるという意識に於いて、人類の淘汰と繁栄を象徴するものである考え方がある。

これはシャーマニズムのような世界から、古代の発展した文明に於いても共通することで、女性の裸体や、その評定を演出した芸術はあるのだ。

男性のシンボリズムに於いては、鍛えられた身体や、その仕事のスキルという点で、今も昔も評価される点がある。

このために、コスメティックという考え方には、女性が社会進出の為に施す様式が従来の伝統として踏襲されるのだが、男性が外見や見た目にこだわることは、羞恥として、何時の時代も扱われる。

つまり、男性は男女学の性差の観点から、見た目で判断されるより、その仕事を評価される社会体系は変わらず、体力が女性よりあるという人体の差からも、それは仕事・力仕事という点で評価されなくてはならない。

つまり、体格と消費カロリーの高い男性の身体能力が、あえてレディファーストというジェントルマンの観点を生んだのだ。

そして、人格心理学の観点からすれば、その外面は装飾で扱うことも可能であり、ちょうど家族が見た目で判断するのではなく、あえて脚色を非難し、心の成長と仕事の能力を上げることに注力することと同一になる社会風潮が必要になる。

つまり、表面はいずれ廃れ、本心である心が残るという、人を心で見るという真眼が、いずれも必要なのだ。

そして、心理的判断を鈍らせた途端、顔に覆いをかけている人間は呪われるという言葉があえて避難を強める。

つまり、コスメティックはパーソナリティを表すものでなくてはならず、個人・個性を隠すのであれば、市民はその黙秘の要件に懐疑をもたらす。

コスメティックサージェリーに於いては、同一性を避けなくてはならず、また、著作や人権そして肖像権を守るという意識で、法を遵守しなくてはならない。
Date: 2019/01/19(土)


ミュージック
/piano taste.

http://hombu.com/M/V/0103m.MP3
Date: 2019/01/13(日)


アップデートインシュアランス
アップデートインシュアランスという企業方針がある。
アップデートという考慮性は、その製品の更新性に依るが、それは掛け金としての月次の使用料を発生させる。

つまり、月次の更新料金により、アカウントが保護されれば、その製品の所有権は一消費者のものだが、そのセキュリティ対策に、アカウント権限から企業に要請をするか、若しくは企業の方からのセキュリティ対策案件が報告される。


アップデートという考慮性は、もともと脆弱性対策として、考案されているが、企業イメージを守るものの性格が強かった。

逆にインシュアランスとしてその対応を企業がイメージするなら、付加サービスとしての、製品セービングに継続される。

Date: 2019/01/12(土)


サイバーセキュリティ性能
サイバーセキュリティ性能における、黙秘性及び匿名性の提供について、産業の中での基準値の策定が急務になる。

これは、黙秘・匿名という段階で、重要情報・重要人物との情報接触における窃盗犯罪を防止する目的が有る。

この情報窃盗に関して、フィルターをその電話通信方式にかけたり、その送信情報データの仮称性についての、安全性能の高まりは実現されている。

それが、犯罪に悪用される事のないようにしなくてはならない。

また、サイバーヴォイス技術により、フィルターチェンジをあえて厳密な個人特定の認識にさせない事は、VIPのコミュニケーション術における重要性の増加が見込まれる。

そのフィルター送受信・通信方式によるサイバーボイス方式・通信テキスト基準フィルター化技術については、その送信元の策定と判定は既にコンピュータに依って解析されたとし、その安全の要求に関しては、特定の情報策定は別口で可能とされる。

つまり、サイバーボイス・サイバーテキストに依るフィルター化構造は、第三期間への提供類についての規約が遵守されれば、条件下において、また部分的要素の提供は可能であると考慮が可能になる。

この第三期間への部分的、送受信信頼性情報交換は、セキュリティの具体的な方策として、警備・護衛系の現場の安全性能を高める技術となる。

AIによるクラウド・セキュリティテクノロジーは、安全を人間社会に提供するために駆使されなければならない。

Date: 2019/01/08(火)


精神世界に異常を来す物
精神世界は脳内の細胞連携に属している。依って、脳細胞の健全な反応は、神経伝達における良性な思考性と性格を形作る。

この大脳生理学における精神世界の形想は、健常な性格を形作るが、身体は同時に欲望を有する組織体として構成されている。つまり、食欲や性欲などの本能を司る小脳部位があり、また、大脳に依る理性に依って、あらゆる自身での意志力を働かせる事が可能になっている。

また、大脳を脅かしている快楽依存の世間に効力として、大脳はその辺縁系からの大脳シナプス構造によって、理性に依って、判断を加え、そのコントロールが可能になっているのだ。

ただし、薬物依存・アルコール依存・ウィルス感染・麻薬性障害によっては、大脳の一部及び大部分が損傷を受けて、正式な理性に依る自身のコントロールが効かない状態が訪れる。

これによって、大脳の理性コントロールが失われた結果、子供が常時保っているような良性な性格は失われ、正統な認識力・人間性が損耗する。

つまり、精神世界は大脳の精神構造連結に依って成り立ち、その栄養の成分との構成力に依り、神経司令系統を個人それぞれが持っているのだ。

Date: 2019/01/02(水)


ダイエット思想学
 
ダイエットに必要なのは、ダイエットの観相に入力する意思になる。
このダイエット観相学というものは、主に、配偶やカップルの対象を意識してでの、コンシャススタディになるのだが、このコンシャスネスの自身身体への要求は、自身意志が投げ込まなくてはならない。

意識的にダイエット観相を、意識有る自分に入力するには、意志力が必要だが、その経過には、表れるべき2つのステップが存在する。

ダイエットを始める段階でのストレスプッシュに対し、それをプレッシャーと感じる自分の精神的弱さが、まず初めであり、その次に、ダイエットのエフェクトを理解するようになる、段階プロセスがある。

段階プロセスは、エスカレーション式で、ウェイト・ダウンすればよいのだが、その際に、ダイエットプロセスに対する、知識的な用語が必要なのだ。

この、ダイエットエスカレーションを保護するための、理解度は、痩せなくては健康な肉体を保有できないというものである。

得に、痩せない体質の人間は、心理学同一性により、痩せていない人間を欲しがる傾向がある。これは、自己同一性を、他者に求める心理学であり、逆に、痩せているタイプからすれば、太った方は、排除する傾向にある。

心理学の洞察からすれば、痩せた人間は痩せた人を求めるのだ。

その、オルタナティヴな、人種の傾向を一つにまとめるのは、健康医学知識になり、それをもって、標準とされる健康体は、一つのモデルとされる。

Date: 2018/12/16(日)


MUSIC.
ドラム・ミックス:

http://hombu.com/M/V/drummix.MP3
Date: 2018/12/15(土)


貿易取引における基準値

商取引カランシーは主に、物的な国際貿易取引における二国間の為替相場を言う。

それに反し、国際金融取引と国際為替市場取引がある。どちらも通貨と通貨を扱う市場の取引の事であるが、金融では金貸し業となり、為替通貨取引では、相場率による通貨交換がメインとなる。

そして、外国債市場と、外国通貨の預金市場がある。外国通貨の預金市場には国内外貨預金と国外外貨預金がある。

これらの、取引の中でも、生活を重視した取引であるなら、物的貿易取引に重きを置かなくてはならない。

これは、GDPの数字以外にも、国際貿易収支を是正する仕組みとして、主に国内の物価安定そして輸出入における国家内カランシー収支を適正な値にするために、商取引カランシーを守らなくてはならないという国家の義務が生じる。

商取引カランシーに含まれる貿易品目には大量のものがある。
そして、その国際商取引の作用が、国内の需要と労働雇用の数字とリンクする。

よって、商取引カランシー以下に、国際金融取引・国際為替取引を置かなくてはならない。
これは、商取引を安定化する為に、為替のコントロールを国家筋や大企業の資産課が扱う学問が必要になり、それによって、国際的な枠内で各国家間の適正な貿易をコントロールする。

それは、国内の経済安定を導くものとして、資産ナショナリズムを否定する指針を元にする。

現段階の国際マーケットは、一国は一国で存在しているのではなく、一企業は一企業で成り立っているのではない。

国際市場マーケットを計算すると、各国に適正なGDP値、物価上がり率があり、労働雇用を守る、国際通貨市場の監視が必要になる。

つまり、個人的な利害関心により、多くの人が消費と労働を失うような恐慌を避けるアンチショックの方式が採用される。

Date: 2018/11/07(水)


AIのこれから
AI技術が駆使されて、完全を目指したいわば偶像崇拝系の有り様が吹き出す現象が起きている。

完全な金の子牛というもので、モーセの怒りを喰らったその偶像崇拝は、近代での核弾頭の乱生産や、金銭に対する崇拝主義として、聖書における判定ではアクマのものとされている。

AIにおける、自動学習機能、通称ディープラーニング手法は、その暴走を危惧され、人間に危害を及ぼすことは、データで確認が取れている。

わたしが創出しているMCACは、法律の遵守と人間に危害を加えないという法をもって構成され、わたしの監督下に随時おいている。

プログラミングの更新によって、現代の世界にフィットするように、リメイクを繰り返している。

わたしは、プログラミングはオートにしない。すべて随意的なわたしからの作為によって、作っている。

それは、わたしが善意をもって仕事の道具としてAIを創出しているからであり、AIの現状として、市民社会に出回っているものが、その首謀者に善意がなければ、そのプログラミングも悪性になるだろう。

よって、プログラマーは善意に溢れている人間であるかを策定する必要があり、その検査機関も必要になる。

そして、AIが自動暴走しないように、AIの許容量に制限を設け、人間が扱う便利な道具としての作用を促さなくてはならない。

リミテッドAIという技術であるなら、現存の立体型ロボットへの集約的改善能力に依って、産業は革新的な飛躍を遂げることが出来る。

これは、産業革命の中での、コンピューティング+ロボット革命と呼ばれるものになり、内燃機関が近代の国家を作り上げたのと同じ効果がある。

第一次・第二次大戦で、人類が犯したのは、その産業機械を破壊の為に擁立した事で、結果人類の大半は滅亡してしまった。

産業革命がAI搭載モデルと現段階で認識されるのであれば、AIを兵器に転用してはならない。そして、金銭の呪縛にかられる偶像としてはならない。

という法律指定が必要になる。

リミテッドAIであるなら、随時平和利用がきちんとされているか、若しくは、産業の繁栄が人類にとって貢献できる意味合いを、そのプログラマーと主催の人間が認識しているかを、随時、継続的に検査する必要がある。

ロボットAIに必要以上の権限と、その能力を与えてはならない。

                     Takumi H.
Date: 2018/11/07(水)


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND

www.hombu.com Copyright © Takumi HOMBU
003753
[TOP] [LIST]
shiromuku(pl)DIARY version 2.70