HomBlog 論文

〜 論文 〜



陶器と磁器の違い  2020/06/06(土)
デジタルコードの先進性  2020/04/24(金)
SDP理論を第二ステージ。  2020/04/19(日)
単性生殖から仮想いとこ入植の段階  2019/12/18(水)
企業審査  2019/12/12(木)
シェアインダストリアルルーム  2019/12/08(日)
絵と画の違い、そしてCG製作  2019/10/27(日)
資源鎖国システム  2019/10/17(木)
セキュリティーホールド  2019/10/01(火)
サウンドシンケーシングの技術 音楽技術について  2019/09/15(日)


陶器と磁器の違い
陶器は粘土から焼成し、二度焼きを必要とする。

一方、磁器は粉状の砕石素材から、一気に焼成し、それを現代セラミックとしている。

セラミックという意味には、それが砕石粉末からという意味もあるが、水分を基材とせず、焼き固めた原子複合体、つまり原子からの複数元素の結晶化技術とも言われる。

陶芸では粘土を使用するが、それは水の基材が、整形に用意となるハンドリングの手法を受け入れる為であり、一度目の焼成では仮焼として、土壌内部の水分を抜く作業を必要とする。

一方本焼きにおける1000度以上の高温では、土壌分子複合体の結晶化を促し、その土結晶の粗さが原因となる揮発空洞を、食器用とするために、珪素塗膜結晶を施し、表面をグラスコーティングする仕組みとなる。

一度目の焼成では600度前後の、水分飛ばしが必要になるが、実際は土壌整形の際に、整形用粘土水分は揮発して飛ばしている。

これは、一度目の仮焼成に於いて、分子間水を揮発させておく必要があるからで、分子構造の水分を予め飛ばしている、セラミックには必要ない。

磁器では単体の岩石分子が好まれる。
Date: 2020/06/06(土)


デジタルコードの先進性
デジタルDigitalのデータ転送方式は、二進法としてのコード化がメインだった。しかしそれでは、光ファイバーケーブル以外のデータ転送に於いて干渉障害が起きる可能性がある。そして、オーディオ・ヴィジュアルの点から更にの画像画質の向上の点において、限界が見込まれる。

再生端末のデジタル化は、それがPC経由をしている時点で、どのようなビット形式であったとしても、二進法以上の画面・音響再生は今現在で困難とされる。

データ転送方式に電波帯域を使用する際、その中継送信方式を、デジタル以上のトリタルTrital.クアタルQuatal.トリタルTrital.形式により、五進法程度までの、中継転送コードを利用することは、可能となる。

トリタルコードをデータ転送とするなら、電波帯域の簡略化に一役買うだろう。

Date: 2020/04/24(金)


SDP理論を第二ステージ。

スモール・ディストリクト・プランを第二段階に進める時期が来ている。言うなれば、ミドル・ディストリクト・プランとして、MDP化を徐々に進める時期である。

SDPが推奨したのは、都心に頼らない経済地方個群であったのが、その都道府県内における循環型経済として、より地域サイクルを経済と物流の面で加速する必要があったモデルになる。

MDPにおいては、経済物流としての立脚を、集散地としての大都市に依存しないやり方が可能になる。

これは、地方銀行や金融のサイクルが向上化するという意において、大都市に並ぶくらいの、物流圏内を催すという意味になる。

つまり、経済規模では、国家都市の仕組み上、大都市・首都圏内には引けを取るが、物流としての生活基盤は、地方のみの循環である方が、物価の安定の為にも役立つ。

これは、デフレ対策としても、インフレ対策としても役立つのである。

集散地としてのセンター経済・物流ではコストがかかりすぎる。

Date: 2020/04/19(日)


単性生殖から仮想いとこ入植の段階
単性生殖という技術はクローンと呼ばれたが、その安全性と技術的な問題から、個体としての生物は生存不可能とされている。

生命倫理の観点からも、男性・女性それぞれの配偶をタイプとして生殖によって妊娠・出産・育成されるのが、普通の家庭モデルであるし、その過程という中に父・母の役割も教育として重要になる。

また子育ての観点から、夫婦共働きのほうが、より良い教育環境を仕上げることも可能になる。

ただし、女性が妊娠できないという社会的な問題と、生命学としての基準を上げていくならば、男性と巡り会えなかったケースに置いて、女性の精神医療と社会的な立場の要点として、原生卵子から仮想の男性としての精子RNAを創出し、それを再び卵子に入れる技術は、これから進展していくべき課題と呼べる。

これは、男性が不能状態としての問題をクリアしなければ、夫婦生活の実質と幸せな家庭が生じないという問題をクリアする。

そして、他者との交配の危険性を防備するという点でも、社会問題をクリアする基準する法整備も次第に必要になる。

現段階で原生細胞から自己臓器を生成し、人体に導入できる技術は備わってきていると言われるが、時期に卵子保有者がその精子を原生細胞卵子から、遺伝子の展開技術によって、彼女のいとこモデルをRNA上で合成し、それを使用して、女性が単立で子を育てることが可能になる。

これには、社会としてのインパクトが大きく、医療としても倫理的課題と、それにまつわる未来の予測を立てなくてはならない。

これは、晩婚という問題から出産困難になるケースをクリアするポイントとなり、その仮想いとこ入植という遺伝子レベルの技術は、かなりの高額になることは必須である。

それよりは、恋愛をし、結婚して出産し、父母で育て上げるほうが、普通の感覚となるに違いない。

Date: 2019/12/18(水)


企業審査
企業は取引先との協定上、審査を互いに交換する関連構造になる。審査の基準としては支払いが良好であるかについてであるが、これは何も銀行からの審査だけではない。

新規産業が興ったり、新規企業が参入してくる立地においては、企業審査というものは老舗企業から立地先住企業がそれを策定している。

そして、新規参入がしっかりと通るにはその法令整備と、コンプライアンスにおける企業犯罪が行われない状態で、初めて明快な審査の考慮が入るようになる。

社会不安としての企業不安はその赤字決算や倒産を及ぼす企業犯罪だけではなく、労働基準としての雇用者の安定確保と、給与体系の総合的な人生の保障の仕組みがあって、日本全体としての企業信頼があるわけだ。

つまり、社会全体として、また地域全体として、消費者・被雇用者の側からも、企業の運営とその経理整備においては、入念な審査が加えられる。

今の時代、消費者が企業を審査するというネット・コミュニケーションもあり、また格付けとしての銀行審査の側からも、消費者にとってどれほど貢献している企業かどうかの判定基準がある。

つまり、企業が被雇用者・消費者・取引企業を見下した対応として発言したり、支払いを遅延することにより、経営そのものの体型は刑法としての犯罪に取り締まられる事になる。

一般市民のスタンスとして、安全でしあわせな社会生活を行うための、企業の財・サービスであるので、金銭やその製品の質において外を社会・市民に加えるような業態は、一切排除されなくてはならない。

本部琢己。
Date: 2019/12/12(木)


シェアインダストリアルルーム
シェアインダストラルルーム、SIRという共同運営の現場という考え方に先駆された業態が有る。

SIRという共同研究現場若しくは時間制の利用法、セパレーションを使用した産業開発用の研究室という観点では、企業群の開発室の共同運営に関し、一定の合理性は認められる。

これは、産業開発部門の中で個人の家庭、家族の家庭を想像した未来志向型の研究室部類であると呼ばれる。

この合理性とは、企業の競合意識を排除した場合に依って可能であるが、企業の別枠としての枝葉の拡がりを共存として認める場合に有効である。

内部の別会社の人員は、コンプライアンスを遵守できる有能な開発員であることは必須だが、実際棲み分け理論を協調性として認識出る企業企画の面では、有用に作用する。

企業の強豪の中では一切の話をしないケースもあるだろう。しかし、お互いの顔見知りの関係の中で、どのように相手の企画・開発を盗用しないかを話し合える、よりコミュニケーションを重視した企業戦略が双方に可能となる。

棲み分けの中では、企業のマーケティング手法の中で、どの家庭層をターゲットにするものかがメイン・テーマとして企画採用されるが、その際に、それぞれの企業イメージが持つ家庭のイメージアップにも大きく範疇として作用する。

この家庭的なラボ・研究室という点では、機械の中で制作する製造現場とは違っていて、その製品の利用性・サービスの展開性について、よりラボの視覚的な想像力が、財・サービスを決定する要因となる。

Date: 2019/12/08(日)


絵と画の違い、そしてCG製作
 元来描画するというのは、キャンバス及び画用紙に塗料を筆に依って塗布する技術の結果を指していた。

 CGの段階ではペンタブレット及びマウス操作・キー操作によって仕上がる。画面もモニターとしてのオペレーションが有り、再生としての視聴者用モニター・ディスプレイが有る。

 画面に絵を描く行為は伝統として水彩画・油絵等で表現され得る。そして、カメラが台頭して、静止画も描画する手法を失っていきつつあった。動画ともなればそれは先進の技術革新に依り、広く一般市民にもその利用性が拡がったのである。

 カメラワークとしてその描画性能の内のテクニックコントロールが不要かと言われれば、それは構図・光学のレベルで絵画の技術者の方がレベルは向上される。

 そして、CGの段階では、カメラキャプションを利用するか、ゼロからの状態で画面にピンポイントでドットを埋めていくかの作業性になり、ハイブリッドはカメラタイプCGも存在する。

 逆にドット技術を応用してカメラライクなCG作品を仕上げることもできる。そして、スペースワーキングには疑似体としての、空間演出を架空ながらも実質のようにディスプレイに表現できる。
それはサイバースペースとも呼ばれ、その空間内を演出するのはサイバーロボットであったり、人為的なハイブリッドモデルでもある。

 仮想のリアリティについては、そのゼロの世界から、プログラミングにより、有るかのように表現する性質が、額の中の絵画であることは言うまでもない。そして、その室内若しくは端末の奥の方に、世界があるという認識は、わたしがIT技術を駆使する、世界の未来指向性としての表現になる。

 CGは鑑賞用でもあるが、実際に医療的観点からの立脚も多い。閉鎖的な社会状況では、それを放出する方式としての精神医療の意味も蔵趣としての展開がされなくてはならない。

 クラウドコンピューティングシステムにより、SIS手法は、LIVEをコンピュータの中の出来事でリアルレスポンスで仕上げられることが可能である。より臨場感を基にした製作にはTV・衛星電波は利用価値が高い。

 また、絵と画の描画性能は、光学式カメラを上回るのではないかという憶測として、わたしはCG製作で現行のカメラと闘いを挑んでいる。
Date: 2019/10/27(日)


資源鎖国システム
チェーン・ディストリクト・フォーメーションという展開で、新鎖国若しくは新鎖地域としての、資本・資産保護政策を取る段階を提示する。

鎖国方式に依っては、そのマークカランシー・ディストリクトマテリアルの内部循環を強制することで、GDPの保護及び、消費者物価指数の安定的な伸びを示す事が出来る。

これは、経済学の中でのマクロとしての歳入・歳出問題に順当とされ、ミドル経済学としての論拠は、ディストリクトマテリアル政策要するに、地域内資源循環システムとして構築されるべきになる。

チェーン・ディストリクト・フォーメーションでは、その結果確認をマクロ単位としての原油輸入歳出の計上として、計ることが可能であり、また地域に立脚した地域物価指数としての標準が仕上がる。

このCDFのシステムがより、国際貿易を活発にするのであって、地域封鎖のようなものではない新鎖国システムと呼ぶ。

資源に乏しい日本が、活路を見出すために、無駄を省く作業を地域住人のそれぞれが、国籍を問わずに行う必要がある。

CDFはリサイクルの為の金銭的交換価値に立脚するものではない。これは、物質化社会における人間の豊かさを描く為の手法であり、インフレーションを抑止する目的として、マクロ経済学に列挙されるであろう。
Date: 2019/10/17(木)


セキュリティーホールド
ネット内に送受信データを媒介とするシステム・アプリケーションの類は、随時その汎用性OSとの脆弱性プロブレムに関し、ハッキングを受ける可能性がある。

脆弱性とは、システム・プログラムのセキュリティーホールを常にそして事前にガードとして改善策を講じる必要性がある。

セキュリティーホールが未然に未確認で、一部或いは大量のデータ窃盗及びハッキング行為による加害からの標的とされた場合には、セキュリティホールドを一気にかけて、ネット回線の切断、及びシステムの電源停止に依り、ハッキング・ウィルスの拡散やデータ転送による窃盗被害を防がなくてはならない。

セキュリティ・ホールドはそのアプリケーション配信元会社のコンプライアンス準拠を基に、ウィルスのネット拡散防止として、展開されなくてはならない。
Date: 2019/10/01(火)


サウンドシンケーシングの技術 音楽技術について
サウンドの同時発音に依る、同軸時間数あわせの技術は、スタジオ・レコーディングにおける調整を必要とする。

そして、シンケーサーに繋がる軸には、音源モジュールサイドが必要になる。

シンケーシングのタイミングあわせにセンタースカラー形式による、集中管理体系をブレイン・コンピュータ・インターフェースとして仕上げれば、即時に依る音楽デレクターの意向がそのまま表現される。

ただし、即興において中継されるような演奏スタイルにおいては、音楽理論としての不可分無き整合性が必要となる。

コンポージング・作曲を即興で行い、それが演奏・収益体系として結びつくのであれば、ブレイン・ミュージック・インターフェースは良好な質を奏でる。

わたしは、音源波形をコンピュータの中に保存するより、自身の霊からの音響波形をそのまま、マイクロフォンを通して、波形入力し、コンピュータの中継分散マシンにかけて、配信をする。音響波形の音紋技術は、わたしのヴォーカリングにおける声紋とあわさって、音楽を独りで演奏することが、可能となる。

つまり、オーケストレーションの楽団と演奏者を必要としない。また、サイド・コーラスには、採用する歌い手はいるが、スケジューリングの過程で、独りで、そのコーラス担当の声紋を擬似により、自身で演出することが可能である。

それは、脳内電磁波吸着盤に依る技術と、その総合配信システムにより、各配信系に流すことが可能である。

Date: 2019/09/15(日)


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND

www.hombu.com Copyright © Takumi HOMBU
005076
[TOP] [LIST]
shiromuku(pl)DIARY version 2.70