HomBlog 論文

〜 論文 〜



シェアハウス理論  2019/05/19(日)
エーテル理論  2019/05/13(月)
現実と映像科学  2019/04/16(火)
本部琢己の使用するIT用語。  2019/04/14(日)
ビジネス用日本語用法  2019/04/08(月)
Tea Making.  2019/04/06(土)
Para-Para Video.  2019/04/05(金)
精神心理学  2019/04/05(金)
クレヨン画  2019/04/02(火)
Driving Tech by T.HOMBU,  2019/04/01(月)


シェアハウス理論
 住まいをシェアするという観念は、その収入体系の依存する問題が重なる現象より、その共同生活者の意向や目的に沿うものでなくてはならない。

 共同生活者というのは、企業内同僚だけに留まらず、経済的な共同体を意味する。これは、私生活自体はウォールで仕切られている仕組みであるが、その内容として他業種同士の交流という点では非常に有利な側面が有る。

 有利な側面とは、その共同生活におけるコミュニケーションが、シェアハウスの枠内を超えて、同時に相互作用を及ぼし、それぞれの会社帰属要因から派生する波及効果が高いためである。

 これは、儲け話というものではなく、コミュニケーションから生じるストレスの緩和や働き方という面における、理知的な共同作業が伴う点から生じるのである。

 つまり、会社帰属の点では出社という点に替えられるが、自宅をシェアハウスとしている点では、会社の前準備としての精神作用・生きる知恵の共有を図ることができる。

 そして、シェアするという点におけるより公的な感覚も身に着くので、仕事だけという意味ではなく、またシングルという意味でもなく、共同の人間の共有するコモンセンス・パラダイムを範疇にすることが可能になる。

 つまり、仕事と一体である生活の面を、シェアするという共同の場において、家庭・家族をあたらしい見方で捉えるムーヴィングであると言えよう。

 
Date: 2019/05/19(日)


エーテル理論
 宇宙というパラダイムの中でも、その空間認識及び、電磁波伝達性における媒介として、仮想空間として考案されたエーテル(不可思議)という仮想過程説は実証段階に入っている。

 エーテルは反物質領域の、現実立体世界との反対側にあり、量子力学としても、少量の重量しか存在しない、疎の素粒子媒介となっている。

 疎の素粒子の段階については、ビッグバンの燃えカスの煙が残っている程度で、なんの作用性もない。

 ただし、音波・電波以外の伝達性があり、それはスピリチュアルの領域の説明素材となるだろう。

 ただし、可視光での認識や計測としての、実世界における観測が不可能であるので、リアル・ワールドにはなんの作用性もないとされる。

 このエーテルという組成の実証ができないので、おそらくその範囲内・範囲外においても、有用性は指摘され得ない。

 ただし、素粒子力学における、トンネル効果のくぐり先が、反物質領域の中の出来事とされれば、それは容易に数値計算が可能になる。

 理論上の数式による計算式であるので、理論値だけの話にはなる。

Date: 2019/05/13(月)


現実と映像科学

現実は、人間を内包する外空間と、その集中被写体としてのターゲットを補足する脳解析認識能力にに依って、存在している。

つまり、認識する脳があり、世界を認知するのであるが、その外界空間認識に至る際に、人間・動物の個体それぞれの格差がある。

この格差は、比率認識にあるようなデッサン力から、その現実外層を認識する認知度を経由する世界の色彩再現性とも関わっている。

このフォルム・色彩再現と呼ばれる、世界のかたちは認識のレベルにおいて、コンピュータ科学と連携したレンズ単焦点学問が流行する。

そして、コンピュータ解析により、このように世界を理解すればという意味に於いて、その映像科学が産業化される。

産業における映像には、その認識量とは裏腹に、世界への理解欲・認知欲というものが関わっている為に、映像作家・画家は世間への提供として、従来世界にあった量子世界の美学を提供する責任を負っている。

Date: 2019/04/16(火)


本部琢己の使用するIT用語。
ブレイン・コンピュータインターフェース:
 脳コンピュータインターフェースとも呼ばれ、あらかじめコンピューティングプログラムの中に、脳からの電磁波を入力中継出力コマンドを入れ込んでおく方式。脳波によりコンピューティングを行う方式。

ブレイン・ストレートインターフェース;
B・C・Iよりも加速を重ねる方式に、脳からの電脳体系をコンピューティング出力再生要素を攻略済みとして、係数・記号を脳自体で組織する方式。現存する量子コンピュータより速い。本部琢己個人のスキル。

ネオ・ガンマ:
ネオガンマプログラミングは、映像再生に必要な、色彩再現システムをより油絵の伝統方式からの採用とする色相技術。

ガンマ・サウンド:
ガンマ・サウンドでは入出力系統に、コンピュータリアリスティック技術を導入。つまりマイク集音技術を超過するもの。

ガンマ遠近法;
ガンマ出力体系に、更にネオ・システムを効果的に組み込むことにより、数学演算3D技術を超過する方式。

両眼視点方式:
人間の両眼の感覚を再現するモニター映像再現技術。プログラミングは最新鋭のモニターに対応。

Date: 2019/04/14(日)


ビジネス用日本語用法
質問:
・伺ってもよろしいですか?よろしいでしょうか?
・ご質問させて頂けますか?
・おっしゃっておられる要件はこちらですか?


回答:
・当方の回答はこちらになります。
・お客様への返答とさせて頂きます。
・商品の価格はいくらになります。なっております。


願い:
・お願い申し上げます。
・よろしくご利用ください。
・重ねてお願い申し上げます。
・依頼というかたちでよろしいですか?
・当方の要求をご確認頂き、ありがとうございます。


請求:
・お支払いはこちらでございます。
・お客様のお支払い金額はいくらになります。
・当方の送付の準備は整っております。


返答:
・はい、こちら〜でございます。
・承った〜です。
・応対担当の〜でございます。


代弁:
・わたくしが引き継ぎを承りました。
・わたくしのほうで申し伝えます。
・確かに承りました。担当に確認するように伝えます。
・折返しのご連絡はご指定がございますか?


決着:
・大変恐縮に存じます。
・お客様のご厚意に感謝致します。
・お客様のご意向に沿えるよう、努力を重ねます。

Date: 2019/04/08(月)


Tea Making.

Maker for Tea.

http://hombu.com/public_html/Data/video01/cafete.MOV
Date: 2019/04/06(土)


Para-Para Video.
猫のホームラン

http://hombu.com/Data/video01/cathome.MOV
Date: 2019/04/05(金)


精神心理学
精神心理学として、現在の環境の状況を受け入れがたい時に、人は、現実のリアルさを認識しない状態脳に陥る。

これは、PTSD症候群にも現れるが、実生活や社会生活のシーンにおいても、それは該当とされる。

つまり、社会的な格差やその貧困問題を隠すために、人は自身の環境を認めないところがあり、そして、自身の本来の状態を認識しようとしない安全ロック機構が脳内に働く。

ただし、通常社会で行われる自慢話のような類は、社交辞令としての認識もあるので、一概に精神障害とは呼べない。

これは、自慢話による権威の張り方や、自身を誇張した表現として自尊心を高める方法として、古来より存在している。

ただし、自尊心を高めるために、その現環境以上の作り話をでっちあげるには、損失も大きい。人は嘘が嫌いであるし、客観的に空気が読めるのであれば、詐称自慢は鼻をつまむようなものである。

これは、社会環境学・人間社会学における友人づくりという内容で消化するのが一番よろしい。

つまり、嘘話やでっちあげたストーリー展開を持ち込むのは小説の類であり、自己の自尊心を満足させるのであれば、男であるなら働くべきである。

この詐称自慢行為というものが、社会の中で行われるのには、社会の権張りというテーマに対抗する簡単な手段としての人間の浅はかさであるのは言うまでもない。

真の謙遜は、低めに見積もった自身の話をするものである。

Date: 2019/04/05(金)


クレヨン画
画用紙にクレヨン


http://hombu.com/movie/paintingf.MOV
Date: 2019/04/02(火)


Driving Tech by T.HOMBU,
Driving Authority ©。

http://hombu.com/movie/car.MOV
Date: 2019/04/01(月)


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND

www.hombu.com Copyright © Takumi HOMBU
003921
[TOP] [LIST]
shiromuku(pl)DIARY version 2.70